東北みらいプロジェクト

平成30年度募集は終了しました

設立趣意

「学校法人麻生塾 東北みらいプロジェクト」は、東日本大震災により被災された方の夢の実現を支援する特待生制度です。
この特待生制度は、被災したことによって進学が困難になった若者が、自分の可能性を信じることや、自分の可能性を伸ばすことを決して諦めず、「自分の夢の実現」に向かっていけるよう、経済的支援に留まらず、学業・生活・就職など多面的に支援することで精神的支えとなり、夢の実現の手助けをしたいという趣旨で創設されました。
「自分の夢の実現」に向かってASOで学校生活に取り組み、将来、東北の未来、そして日本の未来の力となっていただける方を募集いたします。

制度の特長

お問い合わせ

【質問および相談窓口】
麻生専門学校グループ
「東北みらいプロジェクト」窓口(祝日を除く月~金 9:00~17:00)

電話:092-415-2351

設立趣意

九州北部豪雨で被災された皆さまに、心よりお見舞い申し上げます。
「九州北部豪雨被災者支援金制度」は、九州の仲間として、教育機関として、九州北部豪雨で被災され修学の機会を奪われた若者に対し、「困難に立ち向かい、自分の夢を実現し、社会で活躍し続ける人材となる」ための一歩を踏み出して頂けるよう、経済的負担を軽減する支援制度です。

制度の概要

①被災された状況に応じて校納金を免除いたします。(ただし、入学選考とは別に面接を実施します)

②支援制度内容
※学校ごとに制度概要(試験日 等)が異なります。詳しくはお問い合わせください

応募資格 ①平成29年度に高等学校または中等教育学校卒業見込みの方、文部科学省実施の高等学校程度認定試験に
合格見込みの方(平成30年4月1日時点で満18歳になられている方)
②応募対象者(下記のいずれかに該当する方)
 ・「平成29年7月九州北部豪雨」により家屋が一部損壊、半壊、大規模半壊、全壊の被害に遭われた方
 ・遺児・孤児になられた方(現在、他県に居住されている方も含みます)
 ・農地・店舗等の損壊、長期避難による事業の休止等の理由で、市町村発行の課税証明書の課税標準額から
被害額を差し引いた額が0円以下となる世帯の方
③本校での就学が可能な方
④本校の求める学生像(アドミッションポリシー)に合致する方
⑤本校を専願とする方
以上①~⑤のすべての項目に該当される方
出願対象者 ①本制度の趣旨を理解し、入学から卒業まで前向きに学生生活に取り組める方
②就学期間中の生活費を自己負担できる方
③専門学校麻生工科自動車大学校 自動車整備科(1級、2級とも)については、普通自動車運転免許(AT限定を除く)を卒業までに取得可能な方  
以上①~③のすべての項目に該当される方が出願可能です。
応募方法 平成30年4月入学者用「入学願書」でご応募ください。
該当の「入学選考」欄にチェック、また特待生制度での受験をご希望の方は、ご希望の制度にチェックを入れてください。
<必要書類>
入学願書に下記の書類を添付してご提出ください
①「住家」が罹災したことを証明する公的証明書
②平成29年7月九州北部豪雨により被災し、遺児・孤児になられたことの公的証明書
③収入に関する証明書(市町村発行の課税証明書など)および被害額が分かるもの(見積書、被害状況等報告書など)
出願期間 平成29年10月1日(日)以降
※出願される学校・選考日程により出願期間は異なります。詳しくは募集要項をご確認ください。
選考日程

■麻生情報ビジネス専門学校 福岡校、麻生外語観光&製菓専門学校、麻生医療福祉専門学校 福岡校
麻生建築&デザイン専門学校、麻生公務員専門学校 福岡校、ASOポップカルチャー専門学校(認可申請中)
専門学校麻生工科自動車大学校、専修学校麻生ビューティーカレッジ
第1回入試 〔平成29年10月8日(日)〕 から 第10回入試 〔平成30年3月17日(土)〕 まで

■専門学校麻生医療福祉&観光カレッジ、麻生情報ビジネス専門学校 北九州校、麻生公務員専門学校 北九州校
第1回入試 〔平成29年10月7日(土)〕 から 第9回入試 〔平成30年3月17日(土)〕 まで

■専門学校麻生リハビリテーション大学校
第1回入試 〔平成29年10月20日(金)〕 から 第7回入試 〔平成30年3月29日(木)〕 まで

■専門学校麻生看護大学校
推薦入試 〔平成29年10月14日(土)〕 から 後期入試 〔平成30年3月3日(土)〕 まで

免除内容
および
選考方法
被災状況により下記の通り、校納金の一部免除をいたします。
  対象 免除額 選考方法
1 全壊および遺児・孤児になられた方 1年次の授業料全額免除 書類審査・面接
2 大規模半壊 1年次の授業料半額免除 書類審査・面接
3 半壊 20万円免除 書類審査・面接
4 一部損壊 10万円免除 書類審査・面接
選考結果 選考後14日以内に郵送にてお知らせいたします。
特待生制度
併用について
「九州北部豪雨被災者支援金制度」は以下の特待生制度と併用ができます。
・「麻生専門学校グループ特待生制度」
・「ドリーム特待生制度」(「資格等特待生制度」と併用できます)
・「資格等特待生制度」
 なお、併用した場合、選考結果の高い免除額を採用します。
その他 ・応募書類等提出していただいた書類に虚偽が発見された場合は特待生資格が取り消されます。
・途中退学の場合は減免金額を返還していただきます。

お問い合わせ

【質問および相談窓口】
麻生専門学校グループ
「九州北部豪雨被災者支援金制度」窓口(土・日・祝日を除く月~金 9:00~17:00)
電話:(フリーコール)0120-371-007  (担当)小山田・木之下・小川
e-mail:info@asojuku.ac.jp

募集は終了しました

設立趣意

「熊本・大分支援特待生制度」は、今年4月に発生した熊本地震により熊本県、大分県で地震の被害にあわれ、進学が困難になった若者に経済的支援のみならず、学業・生活・就労など多面的な支援を通して、「自分の夢の実現」をするための一歩を踏み出す機会を提供したいという、同じ九州の仲間として、教育機関としての思いから設立した特待生制度です。

制度の概要

①被災された状況に応じて校納金を免除いたします。(ただし、入学選考とは別に面接を実施します)
②特待生制度内容
※麻生リハビリテーション大学校と麻生看護大学校については、制度概要(試験日 等)が異なります。
詳しくはお問い合わせください。

応募資格 ①平成28年度に高等学校または中等教育学校卒業見込みの方、文部科学省実施の高等学校程度認定試験に
合格見込みの方(平成29年4月1日で満18歳になられている方)
②平成28年熊本地震(熊本県・大分県)で家屋が半壊、大規模半壊、全壊の被害に遭われた方、
または遺児・孤児になられた方(現在、他県に居住されている方も含みます)
③扶養義務者の了解を得て、本校での就学が可能な方
④本校の求める学生像(アドミッションポリシー)に合致する方
⑤本校を専願とする方
以上①~⑤のすべての項目に該当される方が出願可能です。
応募方法 平成29年4月入学者用「入学願書」でご応募ください。
該当の「入学選考」欄にチェック、また特待生制度での受験をご希望の方は、ご希望の制度にチェックを入れてください。
※罹災証明や遺児・孤児である証明書が入学願書に添付されていれば、「熊本・大分支援特待生制度」の対象者となります。
選考日程 熊本会場・大分会場:平成28年10月10日(出願期間:平成28年10月1日~10月5日)
福岡会場:10月22日(出願期間:平成28年10月1日~10月19日) 
免除内容
および
選考方法
被災状況により下記の通り、校納金免除および寮費についての優遇措置を提供いたします。
【校納金】(ⅰ.被災状況による免除)
  対象 免除額 選考方法
1 全壊および遺児・孤児になられた方 1年次の校納金全額免除 書類審査・面接
2 大規模半壊 50万円免除 書類審査・面接
3 半壊 20万円免除 書類審査・面接
4 一部損壊 10万円免除 書類審査・面接

※「住家」が罹災したことを証明する公的証明書、熊本地震で被災し、遺児・孤児になられたことの公的証明書を提出していただきます。

【校納金】(ⅱ.1~4の免除資格に該当される方で、別途実施する選抜試験に合格された方)

5 上記の表の1~4の対象となる方 卒業までの校納金全額免除 *書類審査後、対象者に面接、
**プレゼンテーション審査

*書類審査:作文(テーマ:「将来の夢の実現のために麻生でやりたいこと」
(原稿用紙5枚程度。11月16日必着。)
**プレゼンテーション:作文を基本に、将来の夢について
(麻生塾で学び、それをどう将来に活かすのかなど)説明いただきます(20分程度)。
日程につきましては、書類審査合格者に別途案内いたします。

【寮費】※寮室数に限りがあります。希望者多数の場合は、被災状況、経済状況により入寮者を決定させていただきます。

1 直営寮
寮費無料(卒業まで) 
複数の学生と同室の国際寮となります。
光熱費、水道代別。食事は自炊となります。(男女計5名)
2 提携寮 
寮費一部免除(1年間)
食費、水道、ガス、電気代、水道代、
通信設備費は実費。(男女各5名、計10名)
選考結果 各選考後14日以内に郵送にてお知らせいたします。
特待生制度
併用について
「熊本・大分支援特待生制度」は以下の特待生制度と併用ができます。
・「麻生専門学校グループ特待生制度」(「資格等特待生制度」と併用できます)
・「ドリーム特待生制度」(「資格等特待生制度」と併用できます)
・「資格等特待生制度」
(「麻生専門学校グループ特待生制度」もしくは「ドリーム特待生制度」と併用できます)
なお、併用した場合、選考結果の高い免除額を採用します。
その他 ・応募書類等提出していただいた書類に虚偽が発見された場合は特待生資格が取り消されます。
・途中退学の場合は減免金額を返還していただきます。

お問い合わせ

【質問および相談窓口】
麻生専門学校グループ
「熊本・大分支援特待生制度」窓口(祝日を除く月~金 9:00~17:00)
電話:(フリーコール)0120-371-007  (担当)小川・門司
e-mail:info@asojuku.ac.jp

  • 資料請求
  • まずはASOのオープンキャンパスに来てください