キャンパスブログ

プレゼンテーション入門

麻生専門学校グループ日本語科では、卒業前にプレゼンテーション入門という授業を行います。

このクラスでは、興味のあるテーマについてアンケートを作成、実施し、結果をまとめて発表しました。

このグループは「福岡に外国人が多くなることを福岡の人はどう思っているか」アンケートを行いました。結果は、多くの人が外国人が増えることを好意的に思っているとのことです。
「自分たちとは違う文化に触れられる」「外国人と交流したい」と思っている人が多く、「大声で話すなど気になるマナーはあるけれども、それは日本人でも同じ」という回答もあったそうです。

このグループは「一人暮らし」について、10代~20代の若者にアンケート調査を行いました。やはり多くの若者が「一人暮らしをしたい」けれども、実際に一人暮らしをしている人は、「病気のときやお金が心細くなったとき、寂しくて家族を思い出す」そうです。留学生も国を離れて一人暮らしをしているので、その気持ちはとても良くわかるようでした。

このグループは「学生の生活」についてアンケートを行いました。日本人と外国人は異なるだろうという予想は最初からあったようですが、意外な違いが見つかりました。外国人は男女とも「恋人がいなくてもいい」と思う人が多かったのですが、日本人の男性は「積極的に欲しい」という人が多かったようです。また、暇なとき、日本人の女性は「友達と遊ぶ」人が多く、外国人男性は「ゲーム」が多かったようです。

このグループは「海外旅行」についてアンケートを行いました。発表方法に工夫が見られ、旅行社の女性課長に部下の男性社員3名がアンケート結果を報告するというシチュエーションでした。日本人がこれまでに行った国は圧倒的にアジアが多く、行ってみたい国はヨーロッパが多かったようです。女性課長の「この結果をもとに新しい旅行プランをたてるのをあなたたちに頼んでもいい?」という問いかけに、従順に「はい」と答える3名でした!

ASOの日本語科はただいま2018年10月入学の留学生を募集中です。
ASOの日本語科について詳しく知りたい方は、右上の赤い「お問い合わせ」をクリックしてください。

2018年1月26日