キャンパスブログ

【プラスα教育】パティシエ体験&目指せ!日本語能力試験N1

今日の福岡はあいにくの曇り空ですが、みなさん、お元気ですか。

 

さて、今日は14 Juillet.
Franceでは、Fête nationale françaiseで祝日ですね。
そして福岡では、明日、いよいよ博多祇園山笠がフィナーレを迎えます。
(明日は朝5時前から、山笠が博多の街を疾走しますよ。)

 

今回のブログでは、ASOのプラスα教育制度をご紹介します。
この制度は、総合専門学校のASOならではの制度で、日本語科の留学生たちも専門課程の日本人学生たちといっしょにさまざまな授業を受けることができます。

 

まずは、パティシエ(Patissier)の授業のご紹介です。
この授業は8号館2階のASO COOKING STUDIOで行われています。

 

今日の授業のご担当は、横山先生。

山高帽子をかぶっていらっしゃる先生です。

 

今日は、抹茶ときな粉のロールケーキを作ります。
レシピはこちら☆(写真の上をクリックすると大きく見えます)

 

このグループは日本語科の留学生たちです。

 

ロール生地を天板に流しています。

製菓パティシエ科2年の学生がアシスタントとしてコツを教えてくれます。

 

こちらはスイーツ男子。

麻生建築&デザイン専門学校麻生情報ビジネス専門学校の男子学生の混合チームです。

 

一方、同じ時刻には、留学生対象の日本語能力試験N1対策が行われています。
日本語科と専門課程で学ぶ留学生がいっしょに受講しています。

 

日本語能力試験N1は、日本で就職を目指す留学生ならぜひ取っておきたい資格。
日本語科の先生たちが留学生のN1取得をしっかりサポートしています。

 

再び、ASO COOKING STUDIO。ロールケーキの生地が焼きあがりました。
こちらは麻生外語観光&製菓専門学校と麻生情報ビジネス専門学校のスイーツ女子チーム。これから、生クリームを塗って仕上げていきます。

 

こちらは男女混合チーム。
生クリームを塗っています。簡単そうに見えてけっこう難しいんです。

 

横山先生から仕上げのお手本を見せていただきました。

 

粉糖をきれいにかけていきます。この後、カッティングです。

 

左が抹茶味、右がきな粉味のロールケーキです。
左はミッキーのシルエットで仕上げました。

 

こちらが本日のお持ち帰り。
一人、2つの味を2切れずつ持ち帰りました。

 

プラスα教育では、そのほか、合気道やメイクアップの授業なども受講できます。
日本人学生とともにさまざまな授業が取れるので、学内でたくさんの友達ができます。

 

ASOで日本語を学ぶ学生にとって、このプラスα教育制度は大きな魅力の一つです。

2014年7月14日