キャンパスブログ

がんばる日本語科卒業生 タイ編 ~産学連携プロジェクト~

 今回のブログでは、ASOの日本語科を卒業後、麻生建築&デザイン専門学校 に進学したタイのA君の活躍をご紹介します。

 A君はタイの首都バンコクにあるThai-Nichi Institute of Technology(以下、TNI)の出身。TNIから ASOの短期研修を経て、ASOの日本語科1.5年コースに留学しました。日本語を勉強後、麻生建築&デザイン専門学校ビジュアルデザイン科に進学。現在はデザインの技術を磨いています。

 そのA君がデザインした作品が、今回、東京のマンションデベロッパーの明和地所株式会社(以下、明和地所)と学校法人麻生塾(以下、麻生専門学校グループ)によって、人材育成・社会貢献を行うこと目的として締結された「産学連携協定」の第4回目の産学連携プロジェクトに採用されました。

 2016年3月に締結されたこの「産学連携協定」。初回は、明和地所さんの九州進出第1号物件である福岡市内のマンションの建設中の仮囲いに、学生がイラストを描かせていただきました。その後も、モデルルームでの写真展やバス停に掲示する広告の制作など、継続的に実践的な学び場を提供いただいてます。

 今回は、第4弾の連携として、明和地所さんがサポートする少年サッカーチームのエンブレム制作に、ビュアルデザイン科で学ぶA君のデザインが採用されました。
参加した7名の学生の中で、一番サッカーに詳しく、たくさんのデザインのバリエーションを出せたのが採用されたポイントのようです!


 ユニフォームを持っているのがA君です。

 A君がデザインした作品は、2月4日(土)~5日(日)に天神のソラリアプラザ1階で行われた、『麻生建築&デザイン専門学校の進級・卒業制作展2018』(入場無料)でも展示されました。

 麻生専門学校グループには、A君のように留学生が、日本人と学び、作成したデザインが実際に企業に採用されるチャンスがあるのが魅力です。

 A君のように、将来、日本人といっしょに勉強したいと考えている留学生の方、ぜひ麻生専門学校グループで勉強しませんか! ASOの日本語科からASOの専門課程への進学には、特典があります!

 上記に掲載された明和地所さんとの連携については、以下のリンクをクリック!
https://www.meiwajisyo.co.jp/corp/env/2016_0427/

 A君の在籍しているビジュアルデザイン科については、以下のリンクをクリック!
http://www.asojuku.ac.jp/act/subject/visual/

2018年2月16日