キャンパスブログ

がんばる卒業生ブログ 【台湾】編

今日は、卒業生がケーキを持って来てくれました。
その卒業生とは、麻生外語観光&製菓専門学校 製菓パティシエ科で学ぶ台湾の留学生 林さんです。

 

林さんは、麻生外語観光&製菓専門学校 日本語科1.5年コースで日本語を学んだあと、製菓パティシエ科に進学。現在1年生です。

 

今日の授業ではイチゴのショートケーキ作りに取り組みました。
(製菓パティシエ科のある麻生塾8号館前で)

 

スポンジ生地を作るときの微妙なコツやタイミングは、やはり、プロの先生に直接教えていただいて、自分でやってみて初めて身につくもの。
クリームをきれいに絞って飾ったり、イチゴを薄く美しくカットしたり、ケーキを一切れずつカットしたりすることは、日々の練習がとても大切だそうです。

美しいカッティングにご注目ください!

 

写真右側は、製菓パティシエ科の渡辺先生です。
実は、渡辺先生は、ASOの製菓パティシエ科の1期生。
今日は林さんの授業にアシスタントとして入ってくださいました。

渡辺先生「林さんは、とても研究熱心な学生です。授業で欠かさずメモをとっています。」

 

製菓実習をサポートしてくれる先輩がいるのは、留学生にとっても心強いですね。

 

製菓パティシエ科では、これまでも台湾や中国の留学生が学んでいます。

ご興味のある方は、ぜひ、オープンキャンパスにご参加ください。

ご予約はこちらをクリック☆

2014年6月24日