キャンパスブログ

Thai-Nichi Institute of Technology 2016 Summer Program vol.3

5週間にわたる泰日工業大学(TNI)の短期研修は今回のブログで最終回。
麻生での短期研修最後週の日本人学生との交流会やFinal Presentationの様子をご紹介します。
まずは、料理を通じた交流会の様子をご覧ください。
麻生医療福祉専門学校の調理室をお借りしました。
お世話になった先生方や日本人の友達のために、心を込めてタイ料理を作ります。

今日のメニューです。

 

ただ今、準備中

 

 

 

 

一番に校長先生が来てくださいました。

ちょっと緊張しています。

 

昼休みになると、大勢の方が来てくださいました。
タイ人:どうかな? 口に合うかな? だいじょうぶかな?
日本人:タイ料理って、どんな味? 辛いかな~?


ちょっと不安げ

 


タイの学生さんも来てくれました。

 

「辛くて涙が出る~!」「 おいし~い!」いろんな声が聞こえてきました。


「写真を撮らせてください!」のことばに、笑顔で「イェ~イ!」

今日はおいしいタイ料理をごちそうさまでした。
日本の学生さんたちも、タイ料理で異文化体験できたでしょうか?

 

こちらは日本語の最終授業。まとめの試験を実施中。
みなさん、真剣です。

 

修了試験のあと、昼ご飯は、そろってJR博多CITYの「くうてん」へ。
海鮮丼を食べに行きました。

 

そして迎えた研修最後の日。
実は、TNIの学生たちには、課題が課せられていました。
5週間の滞在中に経験したことを、タイと比較して発表するという課題です。
今日はその発表会の日です。

 

校長先生をはじめ、麻生塾の先生方が見に来てくださいました。

 

ビデオ、パワーポイントを使って、4つのグループが日本語を使って発表しました。

1.「福岡の有名な観光地の紹介」
博多駅、祇園、中洲川端、天神の紹介ビデオは、日本語字幕入りで、テレビ番組みたいでした。

 

2.「日本の交通機関」について
タイの道は、でこぼこで、歩道でもバイクが走ったり、露店があったりするそうです。バス停や地下鉄に時刻表はないんですって。

 


「タイの道はでこぼこが多いし、水たまりも多いです。日本の道はきれいで、安全ですね。」

 

3.「福岡市動植物園」 について
タイでは、入場料に外国人料金があるそうです。
そして、公務員は入場無料だそうです。(うらやましい!)
また動物園では、檻の中に動物用の小屋がないそうです。

 

 

4.「タイと日本の違うこと」
タイと日本では、出かける時や帰宅した時のあいさつのし方、靴の脱ぎ方も違うんですね。タイ人と日本人を一人二役で演じるビデオを見せてくれました。
最後に、ビデオに、麻生塾の学生4人(タイ、韓国、中国、日本)が登場。
それぞれの国でのあいさつことばや物の名前を披露。

インタビューでは、福岡の印象などについて話してくれました。
「福岡と言えば、やっぱりラーメン! ソフトバンク!」

 

これから福岡に来たいと思っている人に一言。
「住みやすいし、あまりお金を使わなくても行けるところがいっぱいあります。天神や博多、マリノアシティーなど、楽しいところがいっぱいありますよ。ぜひ福岡に来てください!」と、しっかり 福岡をPR。

 

AI houseの学生登場。何度も笑い声が上がりました。

 

先生方からコメントをいただきました。

 

 

修了式が行われました。
校長先生から一人一人に修了証が授与されました。

 

引率のP先生には感謝状が授与されました。

 

校長先生におことばをいただきました。
「みなさんの作ってくれたタイカレーは本当においしかったです。タイに帰ってからも日本語を学び続けてください。そして、いつの日か、また福岡に戻ってきてください。」

 

 

学生を代表して、Nさんがお礼の言葉を述べました。

 

TNIの皆さん、37日間にわたる麻生での研修はいかがでしたか?

 

TNIの皆さん、37日間にわたる麻生での研修はいかがでしたか?
また、福岡で皆さんにお会いできる日を楽しみにしています。

麻生専門学校グループ
国際交流センター スタッフ一同

2016年7月3日