キャンパスブログ

Grobal Citizen Basic II 留学生&日本人学生 交流会

麻生専門学校グループでは、「現代の日本で恵まれた人生を過ごしていることに感謝するとともに、自分自身の立ち位置を認識し、志を持ち、地域・国家の発展に貢献するグローバルシティズンとなる」ことを目標としてGCB教育を行っています。

1月のとある土曜日、その一環として、外国人留学生との交流会が行われ、日本語科からも10名の留学生が参加しました。

 

 

 

 

 

最初に、一人ずつ自己紹介をしました。

 

「日本へ来て驚いたこと」を聞かれた留学生たちは…。

「東京のメイド喫茶に驚いた!」(中国にはないので、日本で是非行きたかったとのこと。)

「日本のお年寄りが自転車に乗っていることに驚いた!」(中国は自転車は多いけれども、お年寄りは乗らないとのこと。)

「日本は高級品は安いが、日用品が高い!」(自動車などはベトナムで買うより日本で買った方が安いとのこと。)

「山笠でたくさんの“おしり”にビックリ!」

 

次に、スピーチコンテストで優勝した喬銀燕さんがスピーチを再演しました。本当のおもてなしとは、わざとらしい親切ではなく、相手に気を遣わせないようなさりげない優しさや思いやりなのではないか、という提言に、日本人の学生たちも感動していました!

 

最後に、グループごとに分かれて交流しました。

参加した一人ひとりの学生が、自分たちの価値観だけがすべてではない、世界にはいろいろな価値観があるのだということに気が付いたなら、この交流会は大成功です!

 

そして・・・

 

 

 

GCB教育にご協力をいただいている福岡や海外で有名なラーメン店の社長さんが、みんなにラーメンをごちそうしてくださいました☆彡

「う~~~ん、うまい!!!」博多ラーメンを満喫しました。

おいしい博多ラーメンをありがとうございました。

 

GCB II 交流会参加者一同

2015年1月29日