キャンパスブログ

GCBⅢとの交流会

GCBⅢを学んでいる日本人学生との交流会にお誘いいただきました!
最初にフランスのLさんが「フランスの朝食」、タンザニアのGさんが「アルビニズム」について話ました。

ルイ16世が朝寝坊だったことから今のフランスの朝食のスタイルが始まったという話に「おお!」というどよめきと笑いが。そして、タンザニアのアルビニズムの話は「そんなことが今でもあるんだ…」という驚きとともにシーンと聞いてくれました。

日本語科から参加した学生は台湾、香港、中国、ベトナム、フランス、タンザニアとグローバルでしたが、「日本人」の学生も、小さいころに日本に来た外国籍の学生やハーフの学生、留学経験のある学生などいらっしゃってグローバル!

日本人学生Aさん:来年、学科の研修旅行でフランスに行くので、情報が聞けてよかった!
日本人学生Bさん:日本を好きと思って日本に来てくれている外国人に対して、
心ない対応をしている日本人がいることを申し訳なく思います。
留学生Cさん:日本語が通じるか最初は不安だったけど、国の料理やお菓子の話をしてあげられて楽しかった!

お互いに視野の広がった一日でした!
これからも友情が続きますように!

2018年10月30日