キャンパスブログ

2018年夏 博多祇園山笠

福岡も本格的な夏を迎えました。

今回のブログでは、昨年、ユネスコ無形文化遺産の一つとして登録された博多祇園山笠の様子をご紹介します。今年は、3連休ということもあり、山笠の期間中、博多は大勢の観光客でにぎわいました。

日本語科の学生たちは、7月12日に行われた博多祇園山笠の追い山ならしを見学。
さらに、13日の集団山見せでは日本語科の卒業生が登場しました。

麻生外語観光&製菓専門学校日本語科Aクラスの学生たち有志が、12日追い山ならし見学のために集まりました。集合場所は、博多駅の中の総合案内所です。熱中症予防に、帽子とペットボトルや扇子は欠かせません。

外の気温は35度を越す暑さです。見学の前に、まずは博多駅のマイングでアイスクリームの休憩!

さて、こちらは今年の博多駅前の飾り山笠。
どうです、この勇壮な飾りつけ!

そして、追い山ならし!こちらは6番山笠の東流れ。

勢い水をかけるのが半端ないって!
がんばれ! 東流れ!

さて、翌13日は集団山見せの日。
この日は、麻生情報ビジネス専門学校日本語科の卒業生で、現在、麻生建築&デザイン専門学校1年生の台湾のJ君が登場しました。(一つ前のブログにも登場!)

締め込み姿!かっこいいでしょう!

土居流れなんですが、どこにいますか?

見つかりませんねぇ?どこどこ?どのへん?

元担任の先生も一生懸命に土居流れを追いましたが、、、。

あっという間に駆け抜けていきました。

12日に追い山ならしを楽しんだ留学生たちは、15日の追い山本番にも出かけたとか。

麻生専門学校グループでは、日本語科2019年4月生を募集中です。
日本語と日本文化に興味のある方、来年の博多祇園山笠を見に行きたいと思っている方、ぜひ、お問い合わせください。
ホームページ画面左上の赤い『お問い合わせ』をCLICK!

2018年7月18日