キャンパスブログ

福岡市民防災センター

7月29日(金)、日本語科のD・E・F・Gクラス学生が福岡市民防災センターへ行ってきました。

 


体験までの待ち時間で館内を自由に見学させていただき、実際に救助に使われていたヘリコプターに試乗することができました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

消防隊員の制服を着てすっかりなりきっています。
3枚目の写真は子供用のジャケットなのにぴったりで可愛らしいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

水害の体験ができるコーナーでは、浸水した部屋を想定してそこからの脱出を図ります。
ほんの数十センチでも浸水すると水圧がかかってかなり脱出が困難で、皆で力を合わせてもやっと数センチ開く程度。
まるで初売り初日になだれ込むお客さんのような光景です(笑)

 

 

 

 

まずは地震体験。震度7の揺れを体験します。
今回は安全な設備の中だったので楽しんでいる学生もいましたが、実際の地震はいつどこであるか分かりません。特に日本は多いのでしっかりと用心しましょう。

 

 

 

 

 

次は強風体験。最大風速30メートルにもなる強風を体験しました。
強風の中でも余裕のピースをカメラに向けてくれました。

 

 

 

 

 

 

 

 

最後に消火体験です。
画面に映し出された炎に向かって、消火剤の代わりに水を噴射します。
全員見事に消火成功!これでいざという時には消火器を使うことができますね!

 

 

防災センターでの一日体験、いかがだったでしょうか。
有事の際には自分で自分の身を守れるよう、今回の経験が活かされることを願っています。

2016年8月2日