キャンパスブログ

和食にチャレンジ!   ホテルでの和食体験!

ASO専門学校グループ、夏の行事の第2段!
和食マナーについて講義を受けた後の、お楽しみ!和食体験が行われました。

ユネスコ無形文化遺産の一つとして知られる和食。
今日は日本語科3クラスの和食マナー体験の様子をお伝えします。

皆さん、お箸やお茶碗の持ち方は正しくできたでしょうか。

まずは、1日目の様子。
学生は麻生外語観光&製菓専門学校 日本語科の留学生たちです。

全員のテーブルにお食事がセットされるまで、待っています。

おいしそうですね。

まずは、写真に撮っておきましょう。

皆さん、お料理はいき渡りましたか?

さあ、いただきましょう。
お椀のふたの開け方やお箸の持ち方、きちんとできています。

3日にわたり、ご提供いただいたお食事がこちらの下にある写真です。
お刺身や、焼き物、揚げ物、豚しゃぶの冷製、季節のお野菜に赤出汁のお味噌汁も並びました。
器の華やかさも和食の楽しみの一つです。

こちらはベジタリアン用に特別にご準備いただきました。
お魚の焼き物の代わりにお豆腐、お刺身の代わりに野菜のお料理、豚しゃぶの代わりにアボカドが並びました。

一日目のデザートはこちら。デザートは冷たい洋風のもの。
(パンナコッタのフルーツ、イチゴソース添え。)

二日目は麻生情報ビジネス専門学校 日本語科 Cクラスがチャレンジ!

まずは、そろって、「いただきます」

「おいしいです!」

「みんなといっしょに食べると、本当においしいです。」

仲良し女子3人組!!!

お行儀よくいただいています。

二日目のデザートは、抹茶のプリンの小豆餡とわらび餅添えでした。
こちらも美味しくいただきました。

三日目は、麻生情報ビジネス専門学校 日本語科 Bクラスの登場です。

さあ、これから和食体験!!!

担任の先生も一緒に!

いよいよ、いただきます!

食事のあとは、お待ちかねのデザートタイム。

最後まで、みんなで楽しくいただきました。

三日目のデザートは、黒蜜かけのパンナコッタと季節のフルーツ&甘納豆添え。
コーヒーまで美味しくいただきました。

おいしい和食を3クラスともお行儀よく、そして楽しくいただきました。

ご協力いただいたのはホテルレオパレス博多の和食ダイニング「虎夢(コム)」。
(大雨のために、体験授業が延期になったAクラは来週チャレンジします!)

ASOの日本語科では、日本での文化体験を大切にしています。
ASOの日本語科に興味のある方は、ぜひ、ホームページからお問い合わせください。

2018年7月11日