キャンパスブログ

» 2018 » 7月

和食体験その2

今日は麻生情報ビジネス専門学校日本語科Aクラスが和食体験に行きました。 今日のメニューは… 豆腐サラダ、お刺身、白身魚の洋風焼き、牛肉のミルフィーユカツ デザートは抹茶ゼリーとバニラアイス さて、味はどうでしょうか? 「おいしい!」 「刺身は苦手だったけど、今では大好物です!」 「このカツ、最

着物体験

日本に来たからには、一度は着物を着てみたいですよね。 というわけで、今日は「着物を着てみませんか?」というイベントに、約40名が参加! それぞれ好きな着物を選んで、着付けをしてもらいました。 「ワクワクします!」 「く、苦しい…。」 思ったより帯が苦しいし、小さな歩幅で歩かないといけないので、 「着物って意外に大変…。」 「日本の女性は大変なん

日本語スピーチコンテスト

10月に福岡市のスピーチコンテスト、8月に学校法人麻生塾日本語科のスピーチコンテストが行われるのに先立ち、クラス内スピーチコンテストを行いました。 全員、一度はスピーチをしてみよう!ということで、原稿を書き、覚え、みんなの前で発表しました。 最初は「無理~!」「できない~!」「覚えられない~!」と言っていましたが、さすが、本番には仕上げてきました! みんな、やればできるじゃない!

茶道体験

日本の伝統文化、茶道を体験しました! 茶道はただお茶を飲むだけではなく、茶道具や茶室に飾る掛け軸や花、季節によって変わる和菓子、そして「生き方」にもかかわる総合文化なんです。 という難しい話は後にして、まずはご挨拶! 慣れない正座で、「い、痛い!!」 今日の和菓子をご紹介します。 一番上から時計回りに、 「草ほたる」 清流の川岸を蛍が飛び交う姿は日本の風物詩です。

2018年夏 博多祇園山笠

福岡も本格的な夏を迎えました。 今回のブログでは、昨年、ユネスコ無形文化遺産の一つとして登録された博多祇園山笠の様子をご紹介します。今年は、3連休ということもあり、山笠の期間中、博多は大勢の観光客でにぎわいました。 日本語科の学生たちは、7月12日に行われた博多祇園山笠の追い山ならしを見学。 さらに、13日の集団山見せでは日本語科の卒業生が登場しました。 麻生外語観

日本語科の卒業生を紹介します!

麻生専門学校グループ日本語科を今年の3月に卒業した先輩を二人、紹介します! まず、一人目は麻生建築&デザイン専門学校に進学し、建築を学ぶ台湾のJさん! 写真を見ていただければわかる通り、根っからの「山のぼせ」です! 山のぼせというのは、博多の有名な祭り「山笠」に夢中になる人のことです。 この時期、博多の町は「山のぼせ」であふれ、この期間だけは会社や学校でも山笠に出る

水墨画と落款

日本文化体験の一環として、水墨画と落款作成の授業を堀先生にお願いしました。 1日目は落款を作ります。 まず、白い紙に濃い鉛筆で絵を描き、それを消しゴムに写し、彫刻刀で削ります。 2日目は水墨画です。最初は皆、お世辞にも上手とは言えませんでしたが、だんだんコツをつかんで、最後にはなかなか素晴らしいものができました!

和食にチャレンジ!   ホテルでの和食体験!

ASO専門学校グループ、夏の行事の第2段! 和食マナーについて講義を受けた後の、お楽しみ!和食体験が行われました。 ユネスコ無形文化遺産の一つとして知られる和食。 今日は日本語科3クラスの和食マナー体験の様子をお伝えします。 皆さん、お箸やお茶碗の持ち方は正しくできたでしょうか。 まずは、1日目の様子。 学生は麻生外語観光&製菓専門学校 日本語科の留学生たちです。

2018年夏 七夕祭

大雨も一息つき、梅雨明けとうわさされる福岡ですが、皆さんのところは被害が出なかったでしょうか。 さて、先週、麻生専門学校グループ日本語科では、各クラスで七夕のお祭りを体験しました。 留学生は、神様にさまざまなお願いをしたようです。 ちょっと、のぞいてみましょう!

☆ 和食マナー 

馬屋原先生に和食マナーの講義をしていただきました。 和食をいただくときの基本的な作法からお箸、茶碗やお椀の持ち方の実践まで! さあ、練習です! お箸の持ち方の試験に合格しなければ和食が食べられない(!?)とあって、みんな真剣です。 最後にオプションとして「いい音を立ててそばを食べる選手権!」を行いました。 さて、優勝したのは誰でしょ