キャンパスブログ

体験発表(佐賀県看護協会准看護師交流会にて)

10月28日、昨日の福岡県に続き、平成22年度佐賀県看護協会准看護師交流会において、麻生看護医療専門学校通信課程の修了生が、学校へ進学した体験を発表しました。

今年の3月に本校を卒業された、久保山さんと尼寺さんです。現在お二人とも、佐賀県にて看護師としてご勤務されています。

amc_2010_1108_01.jpg
(久保山さん)
進学の目標は看護師の免許を取ることでしたが、心温まる応援を下さった先生方・卒業後もお付き合いのできる友人と出会えたことが、お金では買えない大きな財産になりました。私は、准看護師学校を卒業後に看護師学校への進学を希望しましたが叶わず、30数年准看護師として勤務をしてきました。50歳を過ぎて、学校の修了書、看護師の免許書を手にしたときは感無量でした。麻生の通信課程で学んだ2年間は、これまでの人生の中で1番充実した2年間を過ごせたと思います。
皆さんの中に、密かに進学を考えていている方や、若いときの私のように、看護師になることを諦めている方がいらっしゃいましたら、一歩踏み出せば夢に向かいがんばれるという事を伝えたいです。

amc_2010_1108_02.jpg
(尼寺さん)
学校の勉強は、確かに辛いこともありました。でも、面接授業(スクーリング)はグループワークが多く、他の受講生と10分の休憩時間や食事時間には、事例や課題、職場のことなどを話し、苦労を分かち合いながら楽しいひと時も過ごせました。自宅学習では、麻生で知り合った友人と休みが会う日は、ファミリーレストランや図書館に集合して一緒に勉強をしました。臨地実習の病院見学実習では、根拠に基づいた看護を見学し、大変勉強になりました。国家試験に合格した時は、院長をはじめスタッフ皆ががんばったねと認めてくださり、とっても嬉しかったです。
2年間で無事卒業し、国家資格まで取得できたのは、麻生で出会った友人や先生方の支え、家族や職場の協力のおかげと感謝をしています。

お二人とも大変充実していらっしゃる表情が印象的でした。

■通信課程 学校説明会の日程はコチラ■

2010年11月8日

TOP学校案内看護科(3年課程)看護科(通信課程)国家資格実績入学案内