キャンパスブログ

【通信課程】老年看護学 対面授業

先日、老年看護学の対面授業が行われました。

嚥下障害のある高齢者への食事の援助と杖での階段歩行の援助について演習を実施しました。

 

高齢者疑似体験セットを着用し看護者役と高齢者役に分かれて演習を行います。

視野が狭く、歩行時の不安な気持ちに共感する機会となりました。

 

ラムネを食べますが手袋をしているので開けるのにも一苦労です。

高齢者の気持ちが分かりますね。高齢者の持てる力を活かして援助することが大事です。

 

次に患者さんの高齢者の事例を踏まえて体位の工夫や配慮を考え、ゼリーを用いて食事介助を行いました。

 

 

安全・安楽に配慮できていたか、高齢者の自尊心に配慮し、適した方法であったか等を評価し学びシートに記入していきます。

学生からは「高齢者疑似体験セットを装着しての歩行は足が痛く、目も見えにくく、高齢者の人はやる気がなくなってくるであろうと感じた。」

「コミュニケーションを取りながら苦痛を軽減できるようにしていきたい。」

「高齢者への食事援助を体験し、今後の仕事の中で飲み込みへの注意や配慮をしていきたい。」

「右麻痺のある患者の体験をとおして改めて患者の気持ちが分かりました。今後はこの体験を生かして患者の看護にあたっていきたいと思います。」など学びの感想がありました。

学ぶことの楽しさを感じて引き続き頑張っていきましょう!

 

*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-**-*-*-*-*-*-*-*-

 

〇ただいま願書受付開始!!

詳しくはこちらから

 

〇各地で学校説明会開催中

詳しくはこちらから

 

 

*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-**-*-*-*-*-*-*-*-

2019年10月25日

TOP学校案内看護科(3年課程)看護科(通信課程)国家資格実績入学案内