キャンパスブログ

看護科 クリスマス病棟訪問を行いました

こんにちは!麻生看護大学校です。

今日はクリスマスですが、いかがお過ごしでしょうか?

 

受験勉強一直線な方や、家族やお友達などと過ごす方、お仕事でがんばっていらっしゃる方、様々なことと思います。

どのように過ごされていても、寒いので、風邪などひかないよう気を付けてくださいね。

 

さて、クリスマスということで、今回は18日に行われた毎年恒例、本校の伝統行事の1つ、クリスマス病棟訪問の様子をご紹介いたします!

 

この行事は本校に隣接している飯塚病院へ入院している方たちのところへ、学生たちがクリスマスの楽しい気持ちと温かい雰囲気をお届けするものです。

 

具体的には、1・2年生を中心に約120名の学生が10のグループに分かれ、各病棟を訪問します。そして、特別に灯りを落としてもらった病棟で、ろうそくに火を灯し、クリスマスソングを歌いながら病室を訪問していきます。

 

病棟の中もクリスマスの準備がされていました。

 

病棟に入る前は、学生たちも緊張でソワソワ・・・

 

学生の中には、サンタ、トナカイ、天使の衣装がいて、クリスマスムードをさらに盛り上げてくれます!

 

また、各病室を一周したあとは、少しあいたスペースでハンドベルの演奏や歌を披露させていただきました。

 

 

ハンドベルや歌の練習は放課後や昼休みを使って練習してきました。

3年生も希望して参加している学生がおり、当日は広い病棟の各所で学生の歌声が響きました♪

 

クリスマスソングは、聞くだけでクリスマスの雰囲気を伝えてくれます。

私たちも学生の練習の演奏や歌声を聴いて、クリスマスが近いことをより身近に感じました。

 

町の中にもクリスマスのきれいなイルミネーションや音楽があふれています。

これは、病院の中、特に入院されている方にはなかなか届きにくいものかもしれません。

しかし、学生たちの訪問が、患者様の心に楽しいクリスマスを残してくれたことと思います。

 

逆に、学生たちにとっては、演奏や歌声を聴く患者様の楽しげな様子は、今後の励みとなり、心も豊かにしてくれます。

 

自分が動くことで、誰かを笑顔にする、その笑顔でまた自分も笑顔になるという笑顔のサイクルはとても素敵なことだと思います。

 

今年の病棟訪問は、この飯塚病院の他、グループ病院の頴田病院でも行わせていただきました♫

 

笑顔のサイクルはどんどん広がっています。

みなさんも、本校でこの笑顔の一員になってみませんか?

 

。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*

生涯看護師として働く知識と技術を修得!

飯塚病院隣接で実習も就職も安心!

さらに看護師国家試験合格率 10年連続100%達成!

九州を代表する看護師養成学校で

「日本一のまごころ看護師」を目指す

((( 専門学校 麻生看護大学校 )))

。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*

2015年12月25日

TOP学校案内看護科(3年課程)看護科(通信課程)国家資格実績入学案内