キャンパスブログ

リスクに備えるのは医療現場だけじゃない!

皆さんこんにちは!

麻生リハビリテーション大学校です。

 

今日は防災について考えたいと思います。

 

リハビリテーションの医療現場では対象者に対して

いろいろなリスク(危険)を予測して対応せねばなりません。

そのために学校ではいろいろな勉強をしています。

 

 

ところで、昨今、日本列島ではさまざまな災害が起きています。

 

先日6月18日、新潟・山形で起きた震度6強の地震、

被災なさった方々へ心よりお見舞い申し上げます。

 

日本は世界で発生する地震の10分の1が集中するといわれ、

いつでも、どこでも、誰でも大規模地震に見舞われるリスクを抱えています。

 

麻生リハの作業療法学科の夜間2年生は、昨年から小さな取り組みとして

各人が自分のロッカーに最低限の非常用物品を備えています。

 

まず、担任から備える物品の見本を提示。

 

◎ペットボトル500mml 1,2本。

2Lだとスペースを取るし、開封すると日持ちしないから小分けの方がいいですよ。

◎好きな携帯栄養食。2食程度。

◎カイロ。

いまは要らないかもしれませんが冬場はもあった方がいいですね。

◎ウェットティッシュ。

これがあれば手は清潔、それだけでなくボディシート代わりに身体も拭ける、

歯磨き代わりに口腔ケアのように歯も拭ける!清潔保持は医療従事者の基本!!

 

その他、薬や生理用品等、個別に大切な物を準備して

ホームルームで確認し、ロッカーに備えました。

 

ロッカーにはその日の教科書なども入れるので、最低限の準備しか出来ません。

しかし当日~翌日くらいは帰宅難民になってもしのげるのではないでしょうか?

 

クラスみんなの笑顔♪

それは、みんなが一人ひとり意識を高めることで

どんな時も守っていけると思います!

 

(地震とは関係ないですが・・・(^^;)HRのパーティより)

 

 

このようにリスクを予測することは、将来医療の現場で対象者に向き合うときにも

きっと役立つことだと思います。

 

☆☆☆専門学校 麻生リハビリテーション大学校 ☆☆☆

 

 

【福岡でリハビリを学ぶなら麻生リハビリ】

 

 

◆ 全国トップレベルの国家試験合格実績と合格者数

◆ 学校創立以来、16年連続、進路決定率100%(148名/148名中)

◆ 九州内唯一、作業療法学科夜間部設置校

◆ 福岡市内唯一、高卒者受験可能の言語聴覚学科

◆ 2020年4月 言語聴覚学科(2年課程・昼夜間部/大卒者等対象)新設(指定申請中)

 

〒812-0007

福岡県福岡市博多区東比恵3-2-1  TEL.092-436-6606(入学事務局)

 

オープンキャンパス・個別説明会のご予約はコチラから!!

 

2019年6月25日