公務員試験情報

出題科目一覧表

  • 試験日程は2017年度分です。2018年度については、特別区:5/7(月)、裁判所職員:5/13(日)、国家一般職:6/17(日)となっています。
  • 国家一般職の専門科目は、16科目から8科目(40問)を選択解答。 ※国税専門官の専門科目は、民法・商法、会計学は必須。残り9科目から4科目を選択解答。
  • 財務専門官の専門科目は、憲法・行政法、経済原論・財政学・経済事情は必須(28問)。残り8科目から2科目を選択解答。 ※労働基準監督官(A)の専門科目は、労働法、労働事情は必須。残り36問から28問を選択解答。
  • 裁判所一般職(裁判所事務官)の専門科目は、憲法・民法は必須。刑法、経済原論(理論)はいずれかを選択解答。
  • 特別区の教養科目は、知能分野28問を必須解答。知識分野は、20問から12問を選択解答(全体で48問から40問中解答)。専門科目は、55問から40問を選択解答。
  • 2018年度から、市役所統一試験日(7/22,9/16,10/14)の教養試験が変わります。新教養試験には、①標準タイプ(従来の教養試験を踏襲)、②知能重視タイプ(知能27問、知識13問)、および③基礎力タイプ(民間志望者も受験しやすい)の3種類があります。各市役所がいずれかを選択して出題がなされます。

主な公務員試験スケジュール

  • まずはASOのオープンキャンパスに来てください
  • 資料請求
  • お問い合わせ