社会福祉士について

今、注目される“社会福祉士”という資格

社会福祉士は様々な場所で活躍しています

社会福祉士は専門的な知識や技術を用いて、高齢者や障がい等の理由により生活をする上で困難を抱える人たちの支援にあたる専門家としての国家資格であり、福祉社会を担う専門職として高く評価されています。ライフスタイルが多様化した現代社会において、人々が生活する場面のすべてに福祉の仕事は関わっています。社会福祉士は様々な分野で活躍することができるということと同時に、今後益々、社会福祉の存在が必要不可欠となってます。

社会福祉士になるには

社会福祉士になるにはの資格要件

社会福祉士の資格を取得するためには、社会福祉士国家試験に合格し、厚生労働省に登録する必要があります。
ただし国家試験を受験するためには、法令に基づき下記のいずれかの条件を満たしていなければなりません。

*1 社会福祉主事任用資格を社会福祉主事養成機関の課程で取得され、さらに実務経験 2年以上のご経験のある方は、
社会福祉士短期養成施設への入学が可能な場合がございます。

※実務とは、福祉に関する相談援助業務を指します。
詳しくは、財団法人社会福祉振興・試験センターホームページでご確認下さい。

実務経験として認められる職種

財団法人社会福祉振興・試験センターホームページでご確認下さい。

社会福祉士国家試験について

試験の実施日 通常2月上旬の日曜日に実施されています。
試験地 北海道、青森県、宮城県、東京都、石川県、愛知県、大阪府、
広島県、香川県、福岡県、鹿児島県および沖縄県
合格発表 3月中旬(社会福祉振興・試験センターHPで発表があります)
実施機関 財団法人社会福祉振興・試験センター
〒150-0002
東京都渋谷区渋谷1-5-6
試験・登録案内専用番号 03-3486-7559
(音声で案内するとともに、FAXでも取り出せます。)
試験室電話 03-3486-7521(9:00~17:00)
ホームページ http://www.sssc.or.jp (『受験の手引き』の請求もできます)

より早く受験に関する詳しい情報が必要な方は、上記の試験センターへ直接お問い合わせください。

  • ASOの学科説明会
  • 資料請求
  • お問い合わせ
TOP学校案内社会福祉について履修内容受講生の皆様へ入学案内