よくある質問

仕事との両立を考えていますが、休みはどのくらい必要ですか?

スクーリングは5月と8月に実施されます。 ※令和元年度実績

【前期】5月第3金曜日~翌週月曜日まで
4日間・・・土曜日、日曜日を含めた連続する日程で実施予定

【後期】8月第2土曜日~月曜日まで

3日間・・・土曜日、日曜日を含めた連続する日程で実施予定

【実習指導】※実習対象者のみ

5月第3木曜日・12月第2土曜日

上記に加え、実習対象者は210時間(社会福祉士の相談援助実習を履修している方については150時間)の現場実習が必要となります。

■ 実習対象者は以下のいずれかの時間数で実習が必要です。

【210時間の場合】
約28日間の実習が必要となります。土日祝日を除いたカリキュラムを持つ実習施設が標準的ですが、その場合、実習の総期間は約5週間~6週間となります。

【150時間の場合】(社会福祉士の相談援助実習を履修している方)
約20日間の実習が必要となります。土日祝日を除いたカリキュラムを持つ実習施設が標準的ですが、その場合、実習の総期間は約4週間となります。

社会福祉士の登録を受けています。国家試験受験科目の免除を受けることが出来ますか?

社会福祉士の登録を受けている方は国家試験の共通科目部分が免除となります。
具体的には下記11科目です。

  • 人体の構造と機能及び疾病
  • 心理学理論と心理的支援
  • 社会理論と社会システム
  • 現代社会と福祉
  • 地域福祉の理論と方法
  • 福祉行財政と福祉計画
  • 社会保障
  • 低所得者に対する支援と生活保護制度
  • 保健医療サービス
  • 権利譲渡と成年後見制度
  • 障害者に対する支援と障がい者自立支援制度

仕事の都合などで出席できない場合はどうなりますか?

1時間でも欠席すると卒業できません。やむを得ない理由の場合、留年することは可能ですが、追加料金が必要です。
次年度の入学生と一緒に受講することとなります。

宿泊が必要ですか?

宿泊については、お住まいの地域や交通機関に左右されるため、各自でご判断いただいております。本校より徒歩15分圏内には宿泊施設が多数ございます。

仕事上、まとまった休みが取りづらいのですが、実習期間は分割可能ですか?

精神病院実習(90時間、約12日間)と社会復帰施設実習(120時間の場合は約16日間、60時間の場合は8日間)を分割する事は可能ですが、それぞれの実習を更に分割する事は実習先の状況により大きく左右される事をご了承ください。

どのような施設での実習となりますか?

新カリキュラム移行に伴い、90時間の精神科病院実習履修が必須となりました。該当する実習時間のうち、90時間以上は精神科病院での実習となります。

【実習210時間の場合】
精神科病院実習(90時間)+社会復帰施設等での実習(120時間)=計210時間

【実習150時間の場合】
精神科病院実習(90時間)+社会復帰施設等での実習(60時間)=計150時間

受講期間中に実務経験が丸1年となるのですが、実習は必須ですか?

入学資格・実務経験の要件については、全て入学時点に、年数を満たしていることが必要です。
質問のケースの場合、実習は必要です。

実習先はいつ決まりますか?

入学決定と同時に受講生の皆さんに実習希望調査を実施し、それを元に当校で実習調整を致します。指定実習施設の受け入れ状況により、調整に時間を要することもありますが、概ね7月頃までには決定したいと考えています。

居住地近隣の施設で実習できますか?

指定実習施設の受け入れ状況により大きく左右されることをご了承ください。場合によっては遠方の施設に配属となることもございます。できる限り希望に沿うよう調整したいと考えています。


  • ASOの学科説明会
  • 資料請求
  • お問い合わせ