精神保健福祉士について

活躍の場がますます広がる“精神保健福祉士”という資格

今後需要が高まる精神保健福祉士

精神保健福祉士は、“心の病”により日常生活に支障をきたし、精神的な障がいを抱える人たちがスムースに生活を営めるように相談に乗り、問題解決と社会復帰に向けた支援の手助けや周囲との調整などを行うことを認められている国家資格の専門職です。精神保健福祉士を取り巻く環境は1997年の「精神保健福祉士法」施行以来大きな変化を見せ、2005年からは「障害者自立支援法」の制定により、活躍の場が病院から医療・保健・福祉にまたがる関連施設など、ますます広がっていきました。現代のストレス社会において心の病を抱えた人が急増している今、注目されている資格です。

精神保健福祉士になるには

精神保健福祉士の資絡を取得するためには、精神保健福祉士国家試験に合格し、厚生労働省に登録する必要があります。ただし国家試験を受験するためには、法令に基っき下記のいずれかの条件を満たしていなければなりません。

■精神保健福祉士国家試験

試験の実施日 通常2月上旬の土日に実施されています。
試験地 北海道、宮城県、東京都、愛知県、大阪府、広島県及び福岡県
合格発表 3月中旬(社会福祉振興・試験センターHPで発表があります)
その後、合否通知が受験者へ発送されます。
実施機関 財団法人社会福祉振興・試験センター
〒150-0002
東京都渋谷区渋谷1-5-6
試験・登録案内専用番号 03-3486-7559
(音声で案内するとともに、FAXでも取り出せます。)
試験室電話 03-3486-7521(9:00~17:00)
ホームページ http://www.sssc.or.jp(『受験の手引き』の請求もできます)

より早く受験に関する詳しい情報が必要な方は、上記の試験センターへ直接お問い合わせください。

  • ASOの学科説明会
  • 資料請求
  • お問い合わせ