キャンパスブログ

【製菓パティシエ科】ル・ブルトンの溝口シェフによる特別授業

こんにちはニコちゃん(笑う) デコメ絵文字

 

製菓パティシエ科です料理 デコメ絵文字

 

 

ブログでも恒例になっている、製菓パティシエ科の特別講師授業の紹介です。

 

 

 

 

 

ASOでは毎週たくさんのパティシエの方にご来校頂き、在校生のために授業を行って頂いています。

 


お忙しい中、ASOの学生のためにお越し頂き本当にありがとうございます。


 

 

 

 


今回は特別講師として福岡市中央区今泉にあるル・ブルトンの溝口シェフに授業をしていただきました。

 

シェフは東京や福岡の有名店で修業され、フランスでも数々の有名店・星付きレストランでの修行経験もあります。

 

 

現在はカフェのオーナーシェフをされており、幅広い経験・知識を持ったシェフです。

 

 


今回シェフに教えていただいたお菓子はこちらです。

 

スペキュロス

 


ヌガーモンテリマール

 

 

マカロン

 

 

クレープ

 

 

聞き慣れたお菓子もありますが、どれもフランスの伝統菓子ですフランス国旗 デコメ絵文字

 


特にクレープはシェフにとって思い入れの強いメニューで、クレープの本場ブルターニュ地方で修業をされています。

 

 

 


 

 

一つ一つの動きに目が離せません。

 

 


同じお菓子でもシェフによって作り方が様々で、新しい発見が多くあります。

 

 

 

 

 

 

製菓技術だけでなく、シェフの修業時代の経験を踏まえながら、フランスの地方菓子の説明やシェフのお菓子への考え方やこだわり、パティシエにとって大切なことなど、様々なお話しを聞くことが出来ました。

 

 


ASOでは特別講師による授業が毎週行われ、今回のようにカフェのオーナーシェフにも授業をしていただきます。

 

製菓パティシエ科にはカフェコースがあり、カフェについて学ぶ学生もいるので学ぶことも多かったのではないのでしょうか。


同じパティシエでも業種は様々で、それぞれのプロフェッショナルの授業を受けることが

できます。

 


普段の洋菓子の実習とは一味違う授業となり、新しく知識を広めることができます。


 

 



 



 

**********************************************************************************

★学校のことをもっと知りたい方は コチラをcheck!!

ASOのオープンキャンパス♪(体験授業あり)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

★公式アカウント「Twitter」!!

ASOの授業やキャンパスライフをつぶやき中♪

★公式アカウント「LINE@」!!

オープンキャンパスの日程やイベント情報を配信中!

 

 

 


 

 

 

 

麻生外語観光&製菓専門学校」は、福岡の博多にある
エアライン、ホテル、ブライダル、旅行、製菓、語学
について学べる業界就職に強い専門学校です。

2018年12月4日