キャンパスブログ

【GCBⅢ】茶道・・・日本文化の素晴らしさを知る

みなさん、
ヽ(*´∀`)ノ<<明けましておめでとうございます>>ヽ(´∀`*)ノ

 

 

本校も、冬休みが終わり、また学校がにぎやかになりました.☆.。.:*・
まだまだ寒い日が続きます!!!
体調には気をつけてくださいね(。→∀←。)

 

本年も、麻生建築&デザイン専門学校
よろしくお願いいたします!!

 

 

さて、新年最初のブログは【GCBⅢ】 の近況をお届けです°˖✧☻໌♡☻ັ✧˖°

 

2020年オリンピック招致の最終プレゼンテーションで、
滝川クリステルさんのおっしゃった一言が話題になりましたね。
「お・も・て・な・し」

 

 

千利休が“茶”の世界を通して、
「思いを込めて事を行う」ことや「まわりの人への心配り」
説いたのが約400年前!!

 

 

今回のGCBⅢは、
日本が大切にしてきた精神文化について“茶の湯”から学びます!!

 

 

裏千家の流れを汲む大日本茶道学会の山下聖子先生より、
まず、菓子のいただき方や茶の飲み方などの作法を教えていただきました。

(・・・男子学生、ほぼ全員が茶道初体験!いい緊張感!!^0^)

茶道は、抹茶を飲み楽しむ事に様々な文化が加わって発展したそうです。

 

 

茶室や庭など住まいに関する空間、
茶道具を選んだり鑑賞したりする工芸、
茶会(茶事)に出てくる懐石料理や和菓子などの食、
客人を気持ちよくもてなすための点前(てまえ)作法などなど…。

 

 

“茶の湯”の考え方を教えていただいたあとは、実際に抹茶茶碗を持って練習です。

足のしびれを我慢しながら、一生懸命!!(平成男児、ガンバレッ!!)

 

 

そして、山下先生のお点前。

先生の洗練された所作と静寂な空間に、凛とした心地よさを感じました。

 

 

はじめて体験する“お抹茶”…。お味はいかがですか?

苦い?
いや、思ったより苦くない。…っていうか、美味しい!!

 

 

よかった、よかった!!
コーヒーやジュースもいいけど、
このように改まってお茶をいただく…。貴重な経験になりましたね。(^0^)

 

 

【番外編】

正座、きつかったねぇ…
終了後も平気で座っているHくんとKくん、お見事!!

 

 

※GCB教育とは麻生が独自のカリキュラムで実施している人間教育です。
GCBⅠ(感謝と思いやり)・GCBⅡ(志)・GCBⅢ(貢献志向)から構成されています。
GCBⅢは志願制でビジネスリーダを育てるため、リーダーとして必要な能力の育成や、幅広くグローバルな人材を育成するプログラムです。
地元、福岡・九州、そして日本を超えてアジア・世界でのビジネスを実現出来るような教育を行っています。

2017年1月11日