就職実績
施設・設備

世界の大手製造メーカーで使用されている3次元CAD(CATIA, Pro/ENGINEER)。この実習室で最先端の技術を習得します。

CAD実習室2次元から3次元までの幅広い3つのCADに加え、様々なCGソフトでレベルの高い作品を生み出すことができます。

モルタルやコンクリートなど建築材料の力学特性を学ぶ教室。間近で実物の材料に力を加える様子が見られる授業は学生に大人気です。

ラウンジオープンな雰囲気のラウンジは、先生とのコミュニケーションの場としても活用されています。進路相談などもここで行います。

在校生の制作した作品が展示されているスペースです。入学から卒業までの成長記録を見ることもできます。

学生の作品がたくさん並ぶロビーは、やる気を刺激する場所。入賞作品なども多数あり、一見の価値ありです。

学びやすくアレンジされた教室。光が届きやすいように窓に工夫されています。建築やデザインを身近に感じられる教室です。

最上階に位置するデザイン室は、明るくて開放的。抜群のロケーションを眺めながら、模型制作などを行います。

Macコンピューター教室は、できる限りデザイン制作会社に近い環境を整えています。プリント代の別途徴収などもなく、制作に関しては納得するまでプリントアウトして調整することができます。オープンキャンパスでも使用するので、入学前に体験もできます。

最強・最新・最先端の環境で実践力と即戦力を育てるASO。九州の専門学校で唯一、業界最先端の3次元CAD「CATIA」「Pro/ENGINEER」の技術を一人一台という環境で学ぶことができるほか、「3ds Max Design」というCG/CADソフトでレベルの高い作品を生み出すことができます。

CATIAは仏のDassault Systemes(ダッソー・システムズ)社が開発した3次元CAD/CAM/CAEシステムです。複雑な曲面の設計を必要とする航空産業用に開発され、現在では航空機、自動車、電機、機械組み立てをはじめ、多くの製造業で利用されています。

アメリカのPTCよりリリースされているCADソフトウェアを中心とする製造業向けソリューション。3次元ソリッドモデルでの設計を主な機能とし、現在の3次元CADの主流であるパラメトリック・フィーチャー・ベース・モデリングを初めて導入したソフトです。

建築家、土木エンジニア、3Dビジュアライゼーションのスペシャリスト向けのソフトウェア。着工前の設計の検証、高速なデザインの反復、正確なデイライト分析、インパクトの高いビジュアルとアニメーションを実現します。

BIM=Building Information Modeling。CADの進化系と言われています。建築に関する様々な情報が含まれた3次元モデルがコンピューター上に作成されます。このモデリングを通して設計から施工、維持管理などプロジェクトに関わる全ての分野で情報共有が可能となりました。

建築分野6学科中5学科で選択できる生産設計(BIM)コース。
BIMとは、「Building Information Modeling」の略称で、コンピュータ上に作成した3Dの形状情報に加え、室等の名称・面積、材料・部材の仕様・性能、仕上げ等、建築物の属性情報を併せ持つ建物情報モデルを構築する事。
建築業界にイノベーションをもたらすと言われ、国を挙げて積極的な取組みも始まったこのシステムを、BIMソフトを使って習熟し建築業界の次世代を担う中核的人材を育成します。

ペンタブレットや一眼レフカメラも完備。特に写真撮影は10号館のスタジオ設備と合わせて使用できるので、強力なサポートが可能です。高品質な写真で作品に差をつけることができます。

  • まずはASOのオープンキャンパスに来てください
  • 資料請求
  • お問い合わせ