キャンパスブログ

    茶道・・・日本文化の素晴らしさを知る!

    こんにちは!

     

    2020年オリンピック招致の最終プレゼンテーションで、

    滝川クリステルさんのおっしゃった一言が話題になりましたね。

     

    「お・も・て・な・し」

     

    千利休が“茶”の世界をとおして、

    「思いを込めて事を行う」ことや「まわりの人への心配り」を説いたのが

    400年前!!

    今回のGCBⅢは、

    日本が大切にしてきた精神文化について“茶の湯”から学びます!!

     

    裏千家の流れを汲む大日本茶道学会の山下聖子先生より、

    まず、菓子のいただき方や茶の飲み方などの作法を教えていただきました。



    (・・・男子学生、ほぼ全員が茶道初体験!いい緊張感!!^0^)

     

     

    茶道は、抹茶を飲み楽しむ事に様々な文化が加わって発展したそうです。

     

    茶室や庭など住まいに関する空間、

     

    茶道具を選んだり鑑賞したりする工芸、

     

    茶会(茶事)に出てくる懐石料理や和菓子などの食、

     

    客人を気持ちよくもてなすための点前(てまえ)作法などなど…。

     

     

    “茶の湯”の考え方を教えていただいたあとは、

    実際に

    抹茶茶碗を持って練習です。



    足のしびれを我慢しながら、一生懸命!!(平成男児、ガンバレッ!!)

     

     

    そして、山下先生のお点前。