業界インフォメーション

世界中で活躍できるエンジニアが必要とされています

自動車整備業界、自動車・機械設計開発業界は変革期を迎え、

新たな技術が次々と開発されるとともに、日本のモノづくり力が注目されています。

日本国内での需要はもちろん、世界中で活躍できるエンジニアが必要とされています。

01 年々伸び続ける乗用車の平均車齢。確かな専門技術をもつ整備士への期待が高まっています。

自動車検査登録情報協会では、2008年10月14日、「わが国の自動車保有動向」を発表。2008年3月末の軽自動車を除く乗用車の平均車齢は7.23年となり、16年連続で延びて過去最高齢を更新しています。自動車の性能の向上、モノを大事にする風潮など要因は様々ですが、それを支える確かな専門技術をもつ整備士への期待は高まっています。

02 世界の自動車保有台数は増加の傾向。特にアジアは保有台数のシェアをのばす。

世界の自動車保有台数は年々増加傾向にありましたが、08・09年は世界的な景気の低迷により一時減少すると予測されます。しかし、景気の回復とともに再び世界的に増加する見通しです。特に中国やインドを有するアジアは保有台数のシェアをのばすと予測されます。日本で一番アジアに近い九州も、アジアの自動車産業発展の拠点のひとつになるでしょう。

03 次世代エコカーの開発は、自動車業界の発展にとって必要不可欠です。

自動車業界の発展において起爆剤と考えられるのが次世代エコカーの開発です。市場では、ガソリンエンジンにモーター・二次電池を加えたハイブリッド車が台頭しており、ディーゼルエンジン車の採用拡大も期待されます。また、2011年代エコカー開発は、各メーカーの最優先事項のひとつになっています。

04 今、メカニカルエンジニアが世界規模で必要とされている

経済産業省が『ものづくり国家戦略ビジョン』を発表!!国がバックアップ!

ものづくり日本の復活
歴史ある日本の「ものづくり力」を活かし、地球環境や資源問題、労働力不足、少子化問題などの課題を克服していこうと、政府が「ものづくり国家戦略ビジョン」を発表!日本のエンジニア達を後押ししています。「ものづくり」から「MONOZUKURI」へ。エンジニアが活躍する舞台は今、世界に広がっています!

05 大注目のロボット産業!!

日本のロボット産業は

これから大きく成長する大注目の業界!!

労働力不足を解決する切り札となる
日本が直面している高齢化社会を背景に、自動化、省力化のニーズが高まり「ロボット産業」は製造業だけでなく、介護・医療・警備・災害支援など様々な分野で期待されています!

日本は世界最大のロボット普及国。

確かな技術が世界から注目されています

産業用ロボットは、製造現場等において人間が行っていた繰返作業、危険作業といった労働の代替として、世界各国での需要を伸ばしています。特に日本のロボットは精度の高さ、技術の高さから、世界への輸出量が右肩上がりに上昇。 今後、アメリカでの需要増加、中国における自動車生産用の産業用ロボットの需要増加、欧米先進国の食品産業、医療、福祉等新たな用途への需要増加が見込まれ、今後ますます期待されている業界です。

これが産業ロボット!

  • まずはASOのオープンキャンパスに来てください
  • 資料請求
  • お問い合わせ