キャンパスブログ

    GCBⅢ 異文化コミュニケーション&留学生との交流!

    皆さんこんにちは☺☺☺

     

    最近は、いろいろな場所で外国の方を見かけることが多いですね。

    それもそのはず!!

    今年1月から日本に来られた外国人観光客の数が、

    何とっ!!2,000万人を突破したそうですっ!!

    将来は、「外国の方々と一緒に仕事をする」なんてことが

    ごく普通になってくるのでしょうね。

     

     

    ・・・ということで、今回は、

    グローバルな感覚を持つための勉強や

    留学生たちとの楽しい時間を過ごしました(◍•ᴗ•◍)

     

     

    まずは、英語が専門の濱地由紀先生から

    異文化に基づくコミュニケーションの違いについて教えていただきました。

    濱地先生がイギリスに留学されたのは、△※・・年前。(^0^;)

    インターネットもなかった時代で、留学先の詳しい情報もないまま、

    ただ「英語を学びたい!」という強い気持ちで日本を飛び出したそうです。

    すごい勇気と行動力っ!!( ꒪⌓꒪)✧✧✧

     

    国民性や文化は、地理や歴史が大きく影響していることや、

    日本良さを理解しつつも、グローバル化に対応していくため、

    「英語は絶対に避けて通れない!!」

    さらに、積極性がとても大切だと強く意識した講座でした。

     

     

    続いて、中国出身の王琳琳先生から
    日本と中国の違いについての興味深~いお話・・・。

    さて、ココで皆さんに一つ問題です!

    次の漢字の意味は? 「走」「手紙」「怪我」・・・

     

    簡単ですよね!

    でも中国では同じ漢字でも意味が違うんです。(※答えはこのブログの最後で・・・^0^)

     

    王先生も日本に来られて「違うなぁ」と感じられたことが

    たくさんあったそうです。

    例えば、中国には食事をしたときなど「割り勘」という感覚がなくて、

    デートはもちろんのこと、友達同士でも“誰かが払う”っていう

    習慣なのだそうです!(大変じゃぁ、ないですかっ!!)(`・д・´)ノ

     

    また、女子の友達同士で“手をつなぐ”・・・♥、

    乾杯したら、そのグラスのお酒はぜ~~んぶ飲んじゃうなど、

    「へぇー」と、驚くことばかりです。

     

    普通、私たちが「当たり前~、常識~」とか思っていることも

    海を渡れば、“全然違う”ってことがたくさんあるんですね。

     

    そして、お待ちかね!! 麻生塾の日本語科にいる留学生たちとの交流会です。

    台湾 フランス ロシア 中国 ベトナム 香港と、

    様々な出身国から集まった留学生たち!

     

    慣れてなくても積極的に日本語で話しかけてくる彼らの姿勢に

    GCBⅢの学生たちは、スゴク刺激を受けたようです!

     

    共通の趣味があったり、同じゲームが好きだったり

    気づいたときには、

    LINEの交換をして一緒にゴハンを食べに行く約束もしちゃってました!!

    国籍が違う友達がたくさんいるって、ホントに楽しいことですよね

     

     

    ボクらは、日本人?

    それとも、アジア人?

     

    いやいや、地球人だろっ!!

     

    “世界はグローバル化している”・・・

    海外への興味がますます大きくなった一日でした。

     

     

     

    【質問の答え】※同じ漢字でも意味が違う。

    「走」=歩く 「手紙」=トイレットペーパー 「怪我」=私のせい  (驚!)

    2016年11月24日