キャンパスブログ

» 2011 » 7月

前期試験に潜入!~1級自動車整備科~

みなさん、こんにちは。 暑い日が続いていますね。 麻生工科自動車大学校では夏休み直前ということで、現在は前期の総まとめ、試験などが行われています。 本日は、1級自動車整備科4年生の試験の様子をみなさんにご紹介いたします。 こちら!! そう、試験といっても机に向かってペンを走らせる、というものではありません。整備科の学生は実技の試験もバリバリこなしていますよ! 中でも『1級自動車整備科

大学から再進学した先輩たち☆就職内定報告!

麻生工科自動車大学校には、大学や短大、専門学校を経て進学して来られた方、企業勤めを経て進学して来られた方が、在校生の約2割を占めています。高校を卒業したばかりの級友たちとは年齢は違っても、自動車が好き、モノづくりがしたいという気持ちは一緒。少し社会の先輩として、楽しく、時に頼もしく日々学んでいます。そしてもちろん目標は就職。年齢や経験はハンデではなく武器になる!麻生工科自動車大学校ではひとりひとり

卒業制作 中間発表会!

麻生工科自動車大学校では、自動車システム工学科、機械設計エンジニア科の3年生がただいま卒業制作の真っ最中!これまで学んできた設計・開発・品質管理等の知識と技術を活かし、実践的な制作活動を行っています。グループごとにテーマを決めて、各自が企業さながらの仕事を遂行することが目的です!今回は中間発表会。各自のテーマ紹介、工程、予算管理の状況をグループごとに発表。わかりやすいプレゼンを行うのも重要なポイン

チームメカニックが来校!ダカールラリー講演会開催!

「ダカールラリー」みなさん一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。(昔は「パリダカ」とも呼ばれていましたね)国際自動車連盟(FIA)と国際モーターサイクリズム連盟(FIM)の公認の世界を代表するラリー大会です。道無き道を16日間かけてひたすら走る・・・「世界一過酷」とも呼ばれるラリー。その大会で栄光の6連覇(市販車体部門)を達成した『チームランドクルーザー』のメカニックを担当された松本識裕様を

モノづくりの最前線へ!!

自動車システム工学科、機械設計エンジニア科の1年生、モノづくりの現場を体感しに、三菱電機FA産業機器株式会社へ、工場見学に行きました。こちらの企業は、ホイスト、ギヤードモータ、及び真空ポンプの開発・製造といった、FA(工場における生産工程の自動化を図るシステム)を支える製品作りを行っている企業です。まずは、製品について企業の方にご説明していただき、その後工場へ。工場内の設備、巨大な機器、多くの人々

いよいよ夏本番!ACETもエコ活動推進中!

九州北部でも梅雨明けが宣言され、いよいよ暑い夏がやってきました。今年はニュースなどでもよく聞かれるように、節電・エコが重要課題です。麻生工科自動車大学校でも節電には取り組んでいますが、更に、自動車システム工学科・機械設計エンジニア科では、現在授業の一環として、『QC活動』に取り組んでいます。【企業におけるQC活動とは・・?】Quality Control activities の略で、品質の適正保

平成23年度高校生二足歩行ロボット学習講座 IN 麻生工科自動車大学校

工業高校生の制御学習の一環として二足歩行ロボットに関する学習、技術習得を目指すことを目的に毎年開催されている学習講座。昨年に引き続き、今年も麻生工科自動車大学校での開催となりました。講師を務めていただくのは、機械設計エンジニア科特別講師の湯前裕介先生です。二足歩行ロボットの仕組みやプログラミング方法を高校生にわかりやすく説明。参加者のみなさんも熱心に聞いています。その後、各学校に分かれて実践プログ

トヨタ自動車九州㈱講演会を実施しました

7月4日(月)、トヨタ自動車九州㈱より人財開発部 人財開発室 グループ長の角様をお迎えし、自動車システム工学科、機械設計エンジニア科、1級自動車整備科の学生を対象とした講演会を実施いたしました。講演会では、トヨタ自動車九州㈱が九州の地に設立された理由や使命、事業内容、これからの企業の方向性、「技術者」としての仕事内容及び求める人材像など、自動車メーカーのリーディングカンパニーとしての思いを熱く語っ

1級自動車整備科 インターンシップ報告 その2

インターンシップ報告、本日はトヨタ編!福岡トヨタ自動車㈱ 志免店にて。タイヤの整備中のようですね。大事なお客様の自動車なので緊張します。福岡トヨタ自動車㈱ 大橋店。現場が楽しい様子。自動車に囲まれて、いい笑顔ですね!福岡トヨタ自動車㈱ 柳川店。そろそろ1ヶ月が経過。だいぶ慣れてきたころでしょうか。楽しそうに作業していますね。みんな切磋琢磨しながら、着実にプロの整備士の目を養っているようです。1級自