社会人・大学生の方


Oさん 私は大学を卒業してすぐにASOへ再進学したよ。もともと絵を描くことが大好きで、大学在学中に進路について考えた時、“やっぱりデザインの勉強がしたい!”って一念発起したの。
Gさん 僕も4年制大学卒業を経てASOへ。大学3年の後期にゲーム制作の講義を受講したのをきっかけに、ゲーム関係の仕事に興味が湧いたんだ。
Nさん 僕の場合は2人とは違って一度社会人を経験したよ。工業高校を卒業してすぐに半導体メーカーに3年間勤務。その時に機械管理や部品管理システムを使っていて、不備や不便な点を自分なりに解消したいって思ってから、システム関係の仕事を視野に入れ始めたんだ。
Oさん 再進学を考え始めた時は、正直不安だったんだよね。でも、オープンキャンパスで自分と同じ境遇の先輩に話を聞いて、それから気持ちが楽になったの。
Nさん 僕のクラスなんて半数が再進学者だよ。
Gさん すごく多いね!何よりクラスのみんなが同じ方向を向いて、互いに刺激し合える関係が築けているのがうれしいよね。
Oさん 好きなことを学べて毎日が充実しているし、周囲の支えもあって、私と野田くんは就職の内定をもらえたんだよね!私はWebデザイナーとして内定が決定。デザイナーは長年の夢だっただけに、まだあまり実感がないんだけど(笑)。
Nさん 就職活動が大変だっただけにね。僕は24社くらい説明会に行って、10数社面接を受けたよ。面接の練習は先生にとことん付き合っていただいたから、本番は意外と緊張せずに挑めたんだ。おかげでシステムエンジニアとして内定がもらえたよ!
Gさん ゲームクリエータ科は3年制なので、僕は残りの1年間でもっとプログラムのことを勉強して、夢に少しでも近づくように最高の卒業制作を仕上げたいな。あと、2年生になってASOゲーム研究会に入ってからは、みんなと切磋琢磨して頑張れるのも今は楽しい!
Nさん 同じ志を持つ人同士が刺激をし合える環境って、すごく恵まれているよね。
Gさん うん。そして在学中は可能な限り、多彩なジャンルに長けた先生たちからも色んなことを吸収したい!
Oさん 私たちは一度、大学進学や就職を経験しているから、より貪欲に、純粋に学びたいって気持ちが強いのかも。だから、ASOで手にした経験は、本当に宝物だよね。
Nさん ここで培ったものを基盤に、将来は銀行のATMや列車の進行管理など、人の支えとなるシステムを作るエンジニアになりたい!
Gさん 僕はあと1年でもっともっと勉強をして、ゲーム業界をアッといわせるクリエイターになるよ!
Oさん 私は、大学在学中に学んだ文学部比較文化学科の知識も生かしながら、Webや紙など媒体問わず活躍できるデザイナーを目指す!
Gさん よし!僕も2人に追いつけるように、残りの学校生活をさらに充実させてみせるよ。
Oさん&Nさん 私たちも応援しているね!






Yさん
福岡県立小倉南高等学校→流通業→ASO(コンピュータシステム科卒業)

Q1:どうして「再入学」を決意したのか理由を教えてください。
A1:兄がIT関係の仕事をしており、昔から影響を受けていたため興味をもっていました。学校に行って学ぶなら年齢的にギリギリと思っていましたが、自分に投資することを決心して再入学しました。

Q2:ASOを選んだ理由を教えてください。
A2:九州の専門学校と言えば、麻生グループが一番の実績や、ネームバリューを持っていると自分が感じていたためです。他には駅からすぐなので通学に便利なところです。

Q3:この学科を専攻した理由を教えてください。
A3:就職するために、短い期間でもしっかりとした専門知識を身につけたいと思ったから。また、プログラミングの基礎を覚え、将来に役に立てたいと思ったからです。

Q4:好きな授業、面白い授業などを教えてください。
A4:C言語が面白いです。実習などがカリキュラムに組まれているので、自分か作ったプログラムが実際に動くのが楽しいです。スロットゲームやハエとりゲームなどが動いたときは感動しました。

Q5:実際、入学するにあたって不安や悩みなどはありましたか?その不安や悩みは入学後、どうなりましたか?
A5:23歳という年齢での入学は正直不安でした。しかし、入学後や就職活動などを通して、先のことをよく考え行動するようにすれば年齢は関係ないと感じました。

Q6:大変だったこと、苦労したことを教えてください。
A6:アルバイトと勉強の両立に一番苦労しました。プログラミングの勉強だけではなくビジネスマナーや、エクセル、ワードなど様々なことを覚えないといけないので苦労しました。しかし、それだけ知識や経験を積める学校だと思いました。

Q7:将来の夢を教えてください。
A7:人々の生活をよりよくできるシステムを作るエンジニアになっていたいです。たとえば、大規模な公共システムなど、「私が作ったシステムが、なにげなくみんなの生活に役立っている」というシステムの開発に携わるのが、私の今の夢であり、目標です。

Q8:今、頑張っていることを教えてください。
A8:オラクルマスターという資格の取得に向けて頑張っています。この資格はデータベースを扱うことができるかどうかを問われる試験です。データベースとは、商品データや顧客データなど、システム開発に必須なデータを管理するためのソフトウェアです。卒業までに必ず取得したいと思います。

Q9:これからASOに入学したいと考えている大学・短大・社会人の方にメッセージやアドバイスをお願いします。
A9:ASOは就職のサポートはしっかりしていますし、授業以外の時間でも先生方は残って親切に教えてくれます。そのおかげで私は入学時の目標であった基本情報処理技術者の資格を一発で、取得することができました。また第一希望であった富士ソフト株式会社(東証一部上場企業)にも内定をもらえました。ASOならば自分を次のステージに立たせることが出来ると思います。学校選びで迷っているのならASOをオススメします。



Nさん
社団法人全日本検数協会 勤務
印刷会社→ASO(オフィスビジネス科卒業)

Q1:どうして「再入学」を決意したのか理由を教えてください。
A1:印刷会社を辞めてそのまま再就職しても良い会社は見つからないし、またすぐ辞めてしまう可能性も高いと思ったし、せっかく辞めたことを前の会社より良い会社をみつけるチャンスと思い、学校へ通い、じっくり時間をかけて再就職したいと思ったからです。

Q2:ASOを選んだ理由を教えてください。
A2:就職率が良かったのと、入学後もすぐ学校生活に溶け込めそうな気がしたからです。

Q3:この学科を専攻した理由を教えてください。
A3:オフィスビジネス科は多種多様な資格が取れるため、就職活動のときの会社選びの幅が広がると思ったからです。

Q4:好きな授業、面白い授業などを教えてください。
A4:どの授業も先生たちが解りやすく教えてくれるし、授業中も良い意味でワイワイできるので、楽しかったです。

Q5:実際、入学するにあたって不安や悩みなどはありましたか?その不安や悩みは入学後、どうなりましたか?
A5:自分は就職して2年間働いていたので、高卒のみんなとは2歳差があり、そこが一番気がかりでした。しかし、入学後、クラスを見渡すと同じ年の人もいたし、年上の人もいたので、かなり気は楽になりました。

Q6:大変だったこと、苦労したことを教えてください。
A6:2年生になると、パソコンの授業で発表する機会も増えるため、PowerPonitの実習に集中したことを覚えています。

Q7:将来の夢を教えてください。
A7:今、働いている会社に満足しているので、この会社で年数を重ねて、会社全体を見渡して指示できるような位置に就きたいです。

Q8:今、頑張っていることを教えてください。
A8:まだ、入社して半年なので、仕事を覚えることを頑張っています。

Q9:これからASOに入学したいと考えている大学・短大・社会人の方にメッセージやアドバイスをお願いします。
A9:現在、社会人やフリーターなどで仕事を探している方は、ぜひ一回ASOを見学しに来てみてください。漠然とハローワークに行くよりは、2年間集中して勉強したほうが選べる会社の種類も増えますし、待遇の良い求人が揃っているので希望の会社が見つかると思いますよ。



Mさん
株式会社日報 勤務(デザイナー)
国立大学法人九州工業大学→ASO(CGデザイン科卒業)

Q1:どうして「再入学」を決意したのか理由を教えてください。
A1:大学在学中に将来大学で学んだ専門分野で就職し生活して行くことに疑問を感じ、「どうせやるなら子供の頃からの夢である”デザイン”という世界に挑戦したい」と思ったからです。

Q2:ASOを選んだ理由を教えてください。
A2:カリキュラムや設備が充実し、アットホームな感じがよかったからです。

Q3:この学科を専攻した理由を教えてください。
A3:グラフィックデザインに必要な専門的知識や技術を身につけれますし、その他にも「Web」や「3D」、「Movie」などの授業があり様々な経験ができると思ったからです。

Q4:好きな授業、面白い授業などを教えてください。
A4:デザインワークの授業が一番面白かったです。実践的で他の授業とは違い現役のデザイナーの講師が授業を行うのがよかったです。あと、コンペ制作も入賞・入選すると大変うれしかったです。

Q5:実際、入学するにあたって不安や悩みなどはありましたか?その不安や悩みは入学後、どうなりましたか?
A5:やはり一番の不安は年齢でした。年齢の差が大きいことで、クラスの雰囲気になじめるか心配でしたが、そんなことは全くなく、すぐにうちとけることができました。

Q6:大変だったこと、苦労したことを教えてください。
A6:課題の提出は大変でした。バイトをしながらでしたが、納得いくまで制作できたことが何より報われました。

Q7:将来の夢を教えてください。
A7:多くの人が見て「このデザイン見たことある!」というような作品を残せるデザイナーになりたいです。

Q8:今、頑張っていることを教えてください。
A8:様々なデザインを多数制作し、自分の力にしているところです。

Q9:これからASOに入学したいと考えている大学・短大・社会人の方にメッセージやアドバイスをお願いします。
A9:一度きりの人生だから、悔いのないように「勉強」や「遊び」に夢中になってください。

オープンキャンパスへGO!

学費面で不安があるあなたへ

ASOのコンピュータシステム科、CGデザイン科は
「専門実践教育訓練給付金制度」の対象講座です。

専門実践教育訓練給付金制度

専門実践教育訓練給付金制度を利用すると、厚生労働大臣の指定を受けた専門的・実践的な教育訓練を受講する際に教育訓練経費の40%(年間上限32万円)にあたる給付を最大3年間受けることができます。

また、訓練の受講修了から1年以内に資格取得などをし、雇用保険の一般被保険者として雇用された場合には、さらに20%の追加支給(合計で教育訓練経費の60%相当額)を受けることもできます。

最大60%支給

支給例

詳しくは下記をご覧ください。
>> ハローワークインターネットサービス-教育訓練給付

教育訓練支援給付金」制度も利用可能

専門実践教育訓練給付金の受給資格を持つ方のうち、受講開始時に45歳未満であることや専門実践教育訓練を修了する見込みがあることなど、一定の要件を満たす方は、訓練期間中に受けることができます。この教育訓練支援給付金の日額は、原則として雇用保険の基本手当の日額の50%に相当します。(この制度は平成30年度までの暫定措置です。)

【支給例】

支給までの流れ(例)

セミナーのご予約はコチラから

エントリーシート・履歴書の書き方や面接対策を就職のスペシャリストが丁寧に指導します。
※就職の斡旋や求人のご紹介はできませんのでご了承ください。
※オープンキャンパス終了後の14:00~17:00にて予約が可能です。
※オープンキャンパスへ参加する必要はありません。

  • まずはASOのオープンキャンパスに来てください
  • 資料請求
  • お問い合わせ