キャンパスブログ

新成人おめでとうございます! ~新成人の皆様におススメする絵本~

福岡で美容・メイク・ネイル・エステを本気で学ぶならASO麻生ビューティーカレッジです
皆さん、こんにちは!教務2年生担任の山口です!! 

昨日1月9日は成人式でしたね~♪

新成人の皆様、本当におめでとうございます!

福岡市博多区のマリンメッセ福岡で市の成人式では

9千人の新成人が参加。

福岡市内の新成人は約1万6000人が新成人と、なられたとの事でした~

 

さて、話は変わりますが本日のブログは

そんな新成人の皆様に、僕からおススメの絵本を紹介したいと思います。

『おおきな木』

作・絵: シェル・シルヴァスタイン
訳: 村上 春樹
旧訳版ほんだ きんいちろう

 

世界中で、幅広い年齢層で親しまれている

有名な絵本の一冊です。

読んだ事のある方も多いのではないでしょうか?

僕は、バースデープレゼントに、友人からいただいて

現在は娘達が大事に読んでくれています。

おおまかな、あらすじは・・・・

 

あるところに、りんごの木があり

男の子と仲良しでした。

男の子は木と遊び、木が大好きで、

木もとてもうれしかったのです。

 

時は流れ、子供だった彼は

成長して大人になっていき、

木に会いに来なくなります。

 

ある日、大きくなった彼が
木のところへやってきます。

木は昔のように遊んでおいきと
言いますが、
少年は言います。

「かいものが してみたい。

だから おかねが ほしいんだ。
おかねを くれるかい。」

木は困りましたが、
りんごの実をすべて与え、お金に替えろといいます。

 

大人になった彼は家を欲しがり、
木はその枝を与えます。

 

年老いた彼は船を欲しがり、
木はついにその幹を与え、切り株になってしまいます・・・

 

最後に戻ってきた老人となった彼に

木は切り株に腰を掛けさせて

休ませてあげるのでした・・・・・・

 

 

こちらの絵本は、1967年に篠崎書店から発売された
ほんだきんいちろう氏によるものと

2010年にあすなろ書房より発売された
村上春樹氏によるものの2冊があります。

私が持っているのは旧訳のものですね~

 

絵本の1文に

And tree was happy…. but not really.

この文章の訳が人によって異なるんですね。

 

ほんだ きんいちろう氏は、以下のように翻訳しています。

『きは それで うれしかった・・・だけど それは ほんとかな?』

 

村上春樹氏は以下のように翻訳しました。
『それで木はしあわせに・・・なんてなれませんよね』 

 

幸せだったかと問いに、
ほんだきんいちろう氏の翻訳であると、木は幸せだったというニュアンスに

 

村上春樹氏の翻訳であると幸せではなかったというニュアンスになります。

 

20歳になった皆さんは、どう解釈しますか?

20歳になった記念に読み返してみては、どうでしょうか?

無償の愛を感じさせる、素敵な絵本の紹介でした~♪

 

★次回のオープンキャンパスは1月22日(日)

予約はこちらで→オープンキャンパスヾ(´∀`○)ノ ワーイ♪

 

麻生ビューティーカレッジでは、LINEで様々な情報を配信中!

☆登録は以下の2つの方法がオススメです☆

【1、友達追加ボタンで登録!】

友だち追加数

↑のボタンをポチッとクリック

【2、LINE ID検索で登録!】
麻生ビューティーカレッジのLINE ID= aabc

 

★麻生ビューティーカレッジTwitterアカウント(@ABCasojuku)を開設しました

Twitterに公式アカウント(@ABCasojuku)を開設、運用を開始しました。

 

皆様からのご登録お待ちしております! 

*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*
福岡にある麻生ビューティーカレッジは、
福岡で、美容・メイク・ネイル・エステが本気で学べる美容専門学校です。
美容師・アイリスト・ヘアメイクアップアーティスト
美容部員・ネイリスト・エステティシャンになるならASO!

 

 

 

 

 

 

2017年1月9日