キャンパスブログ

美容師を目指す高校生の為の専門語講座(* ・Д・)/ Vol.1

福岡で美容・メイク・ネイル・エステを本気で学ぶならASO麻生ビューティーカレッジです
皆さん、こんにちは!教務2年生担任の山口です。ヾ(o´∀`o)ノ

 

リオのオリンピックも閉会式まで、もう少しなんですね~

吉田沙保里選手、本当に頑張りました!

銀メダルは素晴らしいですし、吉田選手の言葉の重みから

絶対王者の背負っている大きさが凄まじいものだと感じました。

吉田沙保里選手、感動をありがとうございました!!!

 

さて、今回から突然始まりました 

美容師を目指す高校生の為の専門語講座(* ・Д・)/

美容師さんの会話を聞いていたり、ヘアカタを見ていると

知らないワードが登場することはありませんか?

知らない言葉の意味がわかったときは、誰だってうれしくなるもの。

今回から始まった、知っていればきっと“美容室通”になれる

そんな専門用語をピックアップしていきます━━━(゚∀゚).━━━!!! 

さて記念すべき第1回のお題は・・・・・

       『レイヤー

 

です!コスプレしている人達の総称ではないですよ!笑

 

美容室にカットで来たお客様の1番多いヘアスタイルの注文で
「レイヤーをいれて軽くして・・・。」と

よくヘアスタイルのご注文があります。
あなたはこの「レイヤー」という言葉を理解して使っているでしょうか?

 

レイヤーとは、「層」「階層」という意味の言葉です。

カットにおいては、髪の長さを部分的にカットして段差をつけることを表します。

レイヤーの特徴は真横に髪を引き出した後、毛束の上部を短く、下部を長くカットすることです。

髪を下ろしてみると、髪の毛の段差が広くなります。

毛束に段差が付くことによって髪の厚みが減り、毛先も軽くなるのです。

 

レイヤーの中には、段差のつけ方によっていくつかの種類があります。

①ハイレイヤー・・・髪の上部からカットして大き目の段差をつけるの技法です。

②ローレイヤー・・・逆に、毛先部分に段差を設ける技法。

③セイムレイヤー・・・カットラインが上下とも同一にする技法。

           フェイスラインや頭部の形に添うフォルムが特徴です。

 

レイヤーの技法を使うと、髪を梳かずに軽いヘアスタイルを作れます。

毛先に動きが出るため、自然で軽やかな流れを作れるのもメリットです。

さらに「髪を梳き過ぎて毛先がまとまらない」といったトラブルも避けられます。

 

レイヤーの技法は男女問わず活用できるものです。適度な毛量調節をしながら

ヘアスタイルに動きや軽さを出したい場合には重宝する技法でもあります。

 

皆さんも是非、専門用語でヘアスタイルの希望を伝え

美容師さんに何者?と思わせちゃいましょう!笑ヾ(´∀`○)ノ ワーイ♪

 

 

 

 

★次回のオープンキャンパスは8月20日(土)、21日(日)

お忙しい方にも、参加しやすくなっていますヾ(´∀`○)ノ ワーイ♪

21日(日)午前 開催→ミニ・オープンキャンパス

20日(土)、21日(日)午後 開催 →オープンキャンパス

 

麻生ビューティーカレッジでは、LINEで様々な情報を配信中!

☆登録は以下の2つの方法がオススメです☆

【1、友達追加ボタンで登録!】

友だち追加数

↑のボタンをポチッとクリック

【2、LINE ID検索で登録!】
麻生ビューティーカレッジのLINE ID= aabc

 

★麻生ビューティーカレッジTwitterアカウント(@ABCasojuku)を開設しました

Twitterに公式アカウント(@ABCasojuku)を開設、運用を開始しました。

 

皆様からのご登録お待ちしております!

*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*
福岡にある麻生ビューティーカレッジは、
福岡で、美容・メイク・ネイル・エステが本気で学べる美容専門学校です。
美容師・アイリスト・ヘアメイクアップアーティスト
美容部員・ネイリスト・エステティシャンになるならASO!

 

 

 

 

 

 

2016年8月19日